• フランスAOPチーズ特集

    研究科第7回のテーマは 「フランスAOPチーズ特集」

    私の教室では 入門科から研究科の3年間でフランスAOPチーズ45種類を制覇する

    プログラムを組んでいますが、欠品などもあり今年は42種類に止まりました。

    2016年よりフランスAOCチーズは、EUのAOP登録の暫定段階としての位置づけです。

    カンタル、サレール

    コンテ12か月

    シュヴロタン

    リヴァロ、ポンレヴェク

    ラングル・フェルミエ

     

     

    無殺菌乳製が半数を占めるフランスAOPチーズですが、

    今回のベストが ラングル・フェルミエ たった1軒しかない農家製のこのラングルは

    もちろん無殺菌乳で作られており1㎏の大きさのためゆっくりと熟成させます。

    その味わいは、うーんと唸ってしまう美味しさで、今まで食べたラングルの最高峰と言ってもいいのでは♪

     

    オーヴェルニュ地方の郷土料理 アリゴ

    毎年作っていますが 今年は最高の出来でした。

    見てください、このビヨーンと良く伸びること!

    オーヴェルニュのミシェル・ブラのレストランで食べた

    アリゴは上品すぎてちょっと物足りなかったわ(#^^#)

     

     

     

     

    マグロのサラダ・オニオンドレッシング

    新鮮なマグロが手に入ったのでサラダに仕立てました。

    生のオニオンをすりおろしてドレッシングにしました。

    今回はスペシャルゲストとしてチーズプロフェッショナル協会主催の

    ジャパン・チーズ・アワードで審査員を務める木津多香子さんをお迎えして

    審査の裏話など興味深いお話をたくさんお聞きしました。

    生徒さんたちには大きな刺激になったようです。

     

     

     

     


  • CPA対策講座

    チーズプロフェッショナル協会の資格認定試験のための対策講座を数年ぶりに行いました。

    年々難易度が上がる試験ですが、特に昨年度は計算問題が複雑でかなり難解でしたね。

    ブラインドテイスティングでは 基本の基の3種の乳種違い

    コンテ、山羊乳ゴーダ、ペコリノロマノ 熟成期間はすべて12か月もの

    熟成した山羊乳ゴーダはゴーティーフレーバーが飛んでしまっていましたが、

    長時間置いておくと香りが開いてまさに山羊臭プンプン

    今更ながら温度って大事だと 再認識した次第です

     

    私にできることって あまりない気がして 美味しいチーズ料理をランチにご用意しました

    中に入っているチーズ名を当てないと食べられない!?(笑)

    受験生のみなさま、頑張ってね!

     


  • そら豆とペコリーノ

    鉄板の組み合わせ そら豆とペコリノロマーノ

    鞘の色も瑞々しい採れたてのそら豆は カフーシの早樹さんのお母様が育てたもの

    この時期 最高に贅沢な旬のご馳走です。

    これはサルデーニャのそら豆とペコリーノ

    サルデーニャのそら豆は小ぶりで柔らかいので生で食べます。