フランスAOPチーズ特集

研究科第7回のテーマは 「フランスAOPチーズ特集」

私の教室では 入門科から研究科の3年間でフランスAOPチーズ45種類を制覇する

プログラムを組んでいますが、欠品などもあり今年は42種類に止まりました。

2016年よりフランスAOCチーズは、EUのAOP登録の暫定段階としての位置づけです。

カンタル、サレール

コンテ12か月

シュヴロタン

リヴァロ、ポンレヴェク

ラングル・フェルミエ

 

 

無殺菌乳製が半数を占めるフランスAOPチーズですが、

今回のベストが ラングル・フェルミエ たった1軒しかない農家製のこのラングルは

もちろん無殺菌乳で作られており1㎏の大きさのためゆっくりと熟成させます。

その味わいは、うーんと唸ってしまう美味しさで、今まで食べたラングルの最高峰と言ってもいいのでは♪

 

オーヴェルニュ地方の郷土料理 アリゴ

毎年作っていますが 今年は最高の出来でした。

見てください、このビヨーンと良く伸びること!

オーヴェルニュのミシェル・ブラのレストランで食べた

アリゴは上品すぎてちょっと物足りなかったわ(#^^#)

 

 

 

 

マグロのサラダ・オニオンドレッシング

新鮮なマグロが手に入ったのでサラダに仕立てました。

生のオニオンをすりおろしてドレッシングにしました。

今回はスペシャルゲストとしてチーズプロフェッショナル協会主催の

ジャパン・チーズ・アワードで審査員を務める木津多香子さんをお迎えして

審査の裏話など興味深いお話をたくさんお聞きしました。

生徒さんたちには大きな刺激になったようです。

 

 

 

 

Print Friendly, PDF & Email