• 海辺のジャズライブ

    2011/ 9/24 13:22 2011/ 9/23 21:11

    ここ数日、南国沖縄にも爽やかな秋色の気配が感じられるようになりました。
    たまたま、新聞の広告で以前から気になっていたジャズヴォーカリストの安富祖貴子さんの
    ライブがあることが判明、しかも、ただで!

    会場のとまりんは自宅から徒歩で15分くらいのところなので、夕食を済ませた後、夫と散歩がてら
    久しぶりのライブに出かけました。

    以前から、「ものすごく上手い歌手がいる」という評判を聞いていたので、やっと生で聴くことができ、
    本当にラッキーでした。

    安富祖さんの歌は、エラ・フィッツジェラルドの流れをくんでいるのかな、と思わせる明るい乾いた声質で
    (私好みです!)、しかも、英語の発音がとってもきれい!

    日本人が英語の歌を歌うと、発音がひどかったりスムーズでなかったりで安心して聴ける人が
    案外少ないのですが、ちょっと認識を新たにしました。

    とにかく、声が魅力的で歌が上手い!予定を20分もオーバーして1時間余り熱唱してくださいました。
    これが無料だなんてありえない!

    泊港からの心地良い潮風に吹かれながら、気持ちもだんだんと昂揚していきました。

    なんだか、そのまま家に帰りたくなくなって、友人がやっている立ち飲みバー・カフーシへ直行(笑)
    Kahu-si 那覇市松尾 098-861-5855     www.kahu-si.com/

    チーズの盛り合わせを取ったのですが、ゲヴェルツトラミネールのマールでウォッシュした臭いチーズと
    カルヴァドスが抜群のマリアージュで(職業柄、ついマリアージュしてみたくなります)
    思いがけない出会いに嬉しくなりました。


  • マグロ・イクラ丼 続編

    2011/ 9/22 11:26 2011/ 9/22 17:16 2011/ 9/22 11:37

    鶏のささみとキウリの酢の物は、まず、鶏のささみを酒蒸しし、細く裂きます。

    キウリは薄くスライスし、鶏ささみを加え、土佐酢、カボスの搾り汁(シークァーサーでもOK)、醤油少々と炒りゴマを加えて混ぜます。柑橘系の酸味は香りが高く上品に仕上がります。

    アーサ汁は、通常、出し汁にアーサと小さく角切りにしたお豆腐を入れますが、今日はゆし豆腐を使いました。ゆし豆腐のふわふわした食感とアーサの潮の香りが絶妙にマッチして、胃に優しい一品です。

    30代から60代まで、様々な年代が集う私の教室では、人生経験豊富な生徒さんのお話に引き込まれ、お腹も心も満たされたひと時でした。

    教室をする醍醐味ってこんなところにあるのですね。


  • マグロ・イクラ丼

    2011/ 9/22 11:27

    2週間も沖縄近海でウロウロした台風は、本土を直撃し、甚大な被害をもたらしているようですが、みなさまのところは無事ですか。

    今日の料理教室は、マグロ・イクラ丼、キウリと鶏ささみの酢の物、アーサ汁の3品を作りました。

    ノロノロ台風のおかげで魚の値段が高騰し、昨日、牧志の公設市場に行ったらお刺身の値段があり得ないほど上がっていました。

    でも、メニューは変えられないし、仕方なく、清水の舞台から飛び降りるつもりで、イクラと県産最高級マグロを柵で買っちゃいました!

    マグロは柵のままフライパンで表面に軽く火を通し、冷水に取って水気を切っておきます。

    めんつゆ(市販のものでOK)にミリンを少量加えた調味液に薄くスライスしたマグロを漬けこみます。イクラも同じように漬けておきます。

    シソ、ミョウガは千切りにしておきます。カイワレは食べやすい大きさに切ります。

    温かいご飯を丼によそい、めんつゆ、焼き海苔、シソ、マグロ、イクラ、ミョウガ、カイワレんの順に重ねて、ワサビを添えて出来上がり。

    我が家では、お刺身が余った時や、お正月のおせちに飽きた時などに作っていました。お酒の後のシメにぴったりなので、お父さんたちが大喜びすること請け合いです。