• 宗像堂のパン

    2011/ 7/14 17:19 2011/ 7/15  7:26

    受賞のお祝いに宗像堂から美味しいパンがどっさり届きました。

    今から6~7年前、チーズに合うパンを求めてやっと出会ったのが宗像さんのパンでした。
    チーズは個性的な味わい深い食べ物なので、それに合わせるパンもしっかりした歯ごたえと味わいを持つものがいいのです。

    宗像さんは元は大学の研究室で微生物の研究をされ、その後陶芸の道に進み、そして自家製の天然酵母でこれも手作りの石窯でパンを焼くに至りました。

    日本のパンはどうしても菓子パンのイメージが強く柔らかく甘めというのが一般的ですが、やっと理想の硬焼きパンに巡り会いました。私のチーズ教室では宗像さんのパンをお出ししています。天然酵母で作る複雑な味わいのパンの数々はチーズとの相性がばっちり。特にライ麦粉80%で作るパンと青カビタイプのロックフォールの組み合わせは最高です。

      天然酵母の石窯パン 宗像堂 http://www.munakatado.com/


  • CPA対策講座

    2011/ 7/15 13:50

    来る24日に行われるチーズプロフェッショナル協会の資格試験のための対策講座を、たった一人の生徒さんのために開設しました。
    私が受験したのは8年も前でした。年々難易度が上がり、きっと今受験したら受からないかも。
    昨年、私の教室から初の合格者を出したので、今年も続いて欲しいものです。
    この厳しい暑さの中頑張っている生徒さんに心尽くしのお昼ご飯を食べていただきました。 Tさん、頑張れ!


  • 料理教室 真夏のメニュー

    2011/ 7/14 11:22 2011/ 7/14 11:21 2011/ 7/14 11:20

    今日は真夏にさっぱりといただきたいゆで豚、中華風スープ、コチジャンサラダの三品を作りました。

    ゆで豚はAロースを使います。
    沖縄県外の方には耳慣れない言葉ですよね。
    沖縄にはAロース、Bロースとあってお肉の等級を表しているのではありません。
    Aロースは脂分の少ないロース肉。Bロースは脂がさしで入っているものでオーブン料理に向きます。

    600g~1㎏の塊の豚肉を30~60分ゆでて、冷めてからゆで汁から取り出し薄切りにします。サンチュ、大葉、ミョウガ、カイワレなど付け合わせの野菜とお肉を巻いて特製ゴマダレをつけていただきます。生野菜がたっぷりなのでいくらでも食べられます。

    ゆで汁はスープに。
    ゆで豚のくず肉や缶コーン、生しいたけ、絹ごしなどを入れ、おろし際にとき卵を加えます。このスープが絶品で、これが飲みたくてゆで豚を作るくらい。

    余った生野菜でコチジャンサラダを。
    「材料を使いきること」家庭料理の基本です。

    このゆで豚は思い出深いお料理です。
    今から30数年前、夫はアメリカの大学院で建築デザインを専攻していました。
    アメリカの大学って本当に勉強が大変なんです。勉強のしすぎで病気になっちゃうくらい(笑いごとではありません)。
    夫はストレスでコレステロール値がグーンと上がってしまい、ドクターからお肉禁止令が出されてしまいました。お肉を全く食べないのは可哀相ということで月に1回だけお肉デーが許されました。
    そこで、新妻だった私は夫のためにヘルシーなお肉料理を考えてできあがったのがこれです。当時はミョウガも大葉もなかったので、リーフレタスとカイワレだけでしたが、アメリカはどこの地方都市でも韓国系の食料品店があり、ゴマやゴマ油は手に入りました。
    今では我が家の真夏の定番料理で、子供たちが帰省するときは必ず作ってあげます。