はごろも牧場見学 入門科番外編 前篇

2011/ 7/30 15:34 2011/ 7/30 13:21 2011/ 7/30 13:21 2011/ 7/30 13:57 2011/ 7/30 13:58 2011/ 7/30 13:59 2011/ 7/30 14:00

昨日は、チーズ教室入門科の生徒さんとその家族総勢20人で中城村のはごろも牧場とチーズ工房見学をしました。

はごろも牧場代表の新城将秀さん
ある時、見知らぬ男性から「山羊のチーズを作ったから鑑評してほしい」という電話をいただき、初めてはごろも牧場にお邪魔しました。
こんな暑い土地でチーズが作られるはずがない、と半信半疑でした。試食に出されたものはお世辞にもチーズと呼べる代物ではなかったのですが、一口食べてみて、あら、びっくり!新鮮なミルクの味わいがストレートに感じられおいしかったのです。これは、あと一工夫すれば素晴らしいチーズになるかもしれない、沖縄の山羊食文化に新たなページを加えることができるかもしれない!夢のようなプロジェクトに向けて新城さんのチーズ作りにアドバイザーとして参加したのが今から8年前のことでした。
試行錯誤を繰り返し、現在の白カビをまとったピンザブランが誕生したのが2005年。
新城さんは私のチーズ教室の卒業生として毎年、入門科のイベントである牧場見学を快く受け入れて下さっています。

参加者は教室の生徒さんのみならず、その家族、友人。おりしも夏休みに入り、子供たちにとっては自由研究の格好のテーマになりますね。

ステンレスのチーズバットに山羊乳を入れまずは乳等省令に定められているように63℃30分加熱殺菌します。毎日この器械によって加熱殺菌が記録されます。

熟成室の中は12℃、湿度90%に保たれています。スプレーの中身は白カビ菌。
熟成室の加湿器でチーズの乾燥を防ぎ理想の湿度を保ちます。
熟成室の中は公開したくないのが普通です。外の雑菌が熟成室に入り込みチーズの熟成に影響を及ぼす恐れがあるからです。新城さんのご厚意で見せていただいた私たちはラッキーですね。

Print Friendly, PDF & Email

はごろも牧場見学 入門科番外編 前篇への1件のコメント

  1. アバター 太陽
    太陽 コメント投稿者

    今回は、本当に貴重な体験をさせて頂きました。
    山羊をじっくり観察したのも初めて、山羊ミルクやヨーグルトも思う存分飲み比べ、大満足でした!!
    気軽に手に入る品では無いので、見かけたら是非手にしたいものです。
    どれも本当に美味しかったぁ~!!
    新城さんに感謝!
    人懐っこい子山羊達には驚きと、癒しをいただきました。
    地元ならではの体験、こんなに暑い沖縄でこんなに美味しいチーズが出来るなんて!
    新城さんの努力に脱帽です。沖縄の誇りですね!
    思い出すと、又食べたくなるぅ~(笑)

  2. アバター Yuriko
    Yuriko コメント投稿者

    太陽さんにそうおっしゃっていただいたら、牧場見学企画も大成功ということですね。太陽さんがお感じになった事をぜひ周りの方にお伝えください。そうやって県産チーズの輪が広がっていくのです。