• カテゴリー別アーカイブ チーズ入門科
  • イタリアチーズ特集

    夏休み明けの入門科第7回は 「チーズとパン」と「イタリアチーズ特集」のダブルテーマ

     

     
    およそ1万年前、麦類の栽培を始めた人類は、粉にし、お粥状にして食べていました。
    そのお粥を煎餅状に焼くと香ばしく保存性も優れていることを発見します。

    その後、エジプト人が生地が発酵することを偶然発見し、現在のパンの原型が出来上がりました。

    パンとチーズを組み合わせるには チーズやパンの種類によって様々です。

    一般的に リッチ(高脂肪)なチーズにはバゲットなどのリーンな(シンプル)パン、

    逆に フロマージュブランなどフレッシュなチーズには クロワッサンなどのリッチなパンが合います。

    IMG_20170912_103825.jpg
     

     

     

     

     

     

      
     

     

    今回はイタリアチーズ特集で北はピエモンテ州から南はサルデーニャのチーズが勢揃い

    トーマ・デッレ・ランゲ(ピエモンテ州) ゴルゴンゾーラマスカルポーネ(ロンバルディア州)

    タレッジオDOP(ロンバルディア州) ロッコロ・ディ・ヴィーノ(ロンバルディア州))

    フォンティナDOP(ヴァッレダオスタ州) プロヴォローネ・ドルチェDOP(エミリアロマーニャ州)

    ペコリノサルド・マトゥーロ(サルデーニャ)

    見た目はとても地味ですが、それぞれの味わいが個性的で魅力的なチーズたちです💛

    IMG_20170912_124832.jpg

     

     

     

     

     

     

     

     

    爽やかでフレッシュなトーマ・デッレ・ランゲは

    梅ジャムとオリーブオイル+ペッパーの二つの味わいで楽しみました。

    生徒さんのTさんは このチーズに梅ジャム、クロワッサンを合わせ至福のマリアージュ!と

    唸っていました♪

     

     

     

    IMG_20170912_123018.jpg

    合わせるワインは マンザニーレ ヴェルメンティーノ・ディ・サルデーニャ2014
    コルクを空けた途端かぐわしい香りが漂ってきました。柔らかい酸味としっかりしたボディ、
    アーモンドのような香りが素晴らしく美味しいワインです!

    IMG_20170912_134757.jpg

    イタリアンパスタサラダ 
    アメリカに住んでいた頃、ポットラックパーティーには必ず誰かが持ってきました。

    IMG_20170912_140012.jpg

    グリッシーニの生ハム巻き

    白ごま入りのグリッシーニは前日の夜焼いたもの。カリッカリッで上出来でした♪

    国や地域を特定したチーズのラインアップは上級科でやることですが、
    イタリアチーズ入門編として、入門科でも取り上げてみました。
    メソポタミアで発祥したチーズがトルコ・ギリシャを経て最初にヨーロッパに入ってきたのがイタリア半島で、
    古代ローマ帝国のヨーロッパ侵攻に伴ってその製法がヨーロッパ中に伝わったのです。
    イタリアチーズには そんな長い歴史と伝統が感じられます。


  • AOPチーズ特集

    IMG_20170613_120846.jpg IMG_20170613_123011.jpg IMG_20170613_130738.jpg IMG_20170613_134528.jpg IMG_20170613_135722.jpg IMG_20170613_140912.jpg

     

     チーズ教室入門科第5回のテーマは AOPチーズ特集

    ヨーロッパ各国では原産地を保証し伝統的製法で作られているチーズの保護に努めていて、

    EU統合後、チーズはEUの認定を受けたものをAOPチーズとして統一ロゴを使用しています。

    二つのチーズを食べ比べて伝統的製法のチーズとそうでないものの味わいの違いを

    確認していきました。

    モッツァレッラのバッカ(牛)とDOPのブッファラ―ラ・カンパーニャ(水牛)の違いが

    ほとんどわからないくらいどちらも美味しくて、ちょっと困りました。

    少し前まで牛乳製のモッツアレラは蒲鉾みたいな食感で水牛製とは別物だったのですが、

    技術の進歩には目を見張るものがありますね。

    ワインはパルミジャーノレッジャーノを意識して ランブルスコ・ドルチェを。

    雪印カマンベールとカマンベールドノルマンディAOP,

    クラフトのパルメザンチーズとパルミジャーノレッジャーノDOP、

    味わいに違いがあっても好みや使い道、手軽さ、価格などを考慮すると

    それぞれのチーズの存在意義が見えてきます。

    それでも、

    長い時間をかけて伝統的製法を守ってきたチーズには職人の情熱と心意気が

    感じられます。


  • チーズの栄養学

    コップ1杯(200cc)の牛乳はチーズ20gに相当します
    つまり チーズはミルクを10分の一に凝縮したものです。

    IMG_20170509_124645.jpg

    今月の入門科のテーマは 「チーズの栄養学」
    チーズは太る? 塩分やコレステロールが心配?・・などなど
    チーズには何故かマイナスのイメージが付きまとっています。
    そんな誤解を解くのが私の使命!
    今月はいつもより以上にリキが入っています(笑)

    IMG_20170509_103744.jpg

    晩春から初夏をイメージしたチーズのラインナップ
    1.ブリドモーAOP 2.3.ゴルゴンゾーラ・ドルチェ/ピカンテDOP
    4.アンブラン 5.サンネクテール・フェルミエAOP
    6.フルールデュマキ 7.ボーフォール・シャレ・ダルパージュAOP

    IMG_20170509_123921.jpg

    イタリア/ヴェネト州 パガーニ・ソアーヴェ・クラシコ2014
    初夏に飲みたい爽やかな白ワインです

    IMG_20170509_140333.jpg

    初鰹のサラダ
    チーズに足りないビタミンCはサラダで補います

    IMG_20170509_141100.jpg

    フッジッリ・ゴルゴンゾーラソース和え
    これもチーズに足りない炭水化物(糖質と繊維質)はパスタで補って・・・ 贅沢です(^^♪

    チーズの脂肪はエネルギーに変換されるので体脂肪として残りにくく、
    コレステロールや塩分も心配するレベルでは全然ありません。
    良質のたんぱく質やカルシウム、豚肉の60倍もあるビタミンAなど
    チーズは優れた栄養分を備えています。
    吸収率が高く、少量でも満足度が高いので、ダイエットにも最適なんですよ💛
    その証拠に 身長165㎝の私の体重は50㎏で 毎日チーズを食べているおかげで病気一つしません。

    バランスよい食生活を心がけて健康な生活を送りましょう、チーズをお供に!