• 日本のチーズ

    チーズ教室上級科第3回のテーマは 日本のチーズ特集

    日本にチーズが伝わったのは意外にも古く、6世紀に朝鮮半島の百済から。

    大和朝廷および貴族階級で薬として珍重されますが、やがて貴族社会が崩壊し

    武士が台頭する鎌倉時代にはすっかり姿を消してしまいます。

    庶民には手の届かないものだったこともあり文化として定着しなかったのです。

    本当の意味で日本における乳文化の幕開けは明治時代です。

    アメリカから技術者を招聘し北海道で本格的にチーズが製造されますが、

    日本人の嗜好に合い、また当時の冷蔵技術や流通の不備体制などを考えると

    保存性に優れたプロセスチーズが主流でした。

    和仁晧明先生著の「牧野のフロントランナー」によると

    1900年(明治33年)の日本人一人当たりのチーズ消費量は1g弱!

    それが100年後の2000年には なんと2000倍の2㎏強!!

    1964年の東京オリンピックや80年代から始まるワインブームの影響で

    チーズの消費量が飛躍的に増大し、1988年に初めてナチュラルチーズが

    プロセスチーズを上回ります。

    ナチュラルチーズを製造している工房は日本全国に200カ所以上あり、

    年々その品質は驚くべき進化を遂げています。

     

    1.さくら 北海道 協働学舎 2.アネペツ 北海道 横井牧場

    3.茶臼岳 栃木 今牧場 4.ミマキ 長野 チーズ工房ボスケソ

    5.ブルーチーズ 長野 アトリエドフロマージュ

    6.大里バジル 沖縄 チーズガイ工房

    7.甘乳蘇 宮崎 中西牧場

    琉球漆器に盛られた蘇は 貴族社会における権力の象徴であり、

    正月の宴に 天皇家から下賜された蘇を振る舞うことで

    権力を誇示したそうです。甘栗を添えるのは当時の貴族の

    グルメぶりが伺えます。

    山梨県勝沼 中央葡萄酒(株)のグレイス甲州2016

    近年の和食ブームに乗って日本産ワインも海外に進出していますが、

    グレイスワインはその先駆けになりました。

    日本在来種である甲州種はやはり 日本のチーズとよく合いますね。

    インゲンのサラダ・胡麻ドレッシング

    今が旬のインゲンの胡麻和えを洋風のサラダに仕立てました。

    旬の野菜は香りが際立っていて食欲をそそります。

    年々進化を遂げている日本のチーズたち。

    紹介しきれなかったチーズがまだまだあります。

    来年はどれをラインアップしようかしら、楽しみです(^^♪


  • グリッシーニ

    昨日からムシムシするお天気です。そろそろ梅雨入りも近いのかしら。

    少しでも爽やかさを感じてもらいたくて

    ギャラリー象の若草色の琉球ガラスに盛り込んだのはベランダの草花

    グリッシーニの生ハム巻き・パルミジャーノレッジャーノがけ

    白ゴマ入りのグリッシーニは勿論手作りです。凄く美味しいんですよ♪

    パルミジャーノレッジャーノがたっぷりまぶされたイタリアンパスタサラダ

    フッジッリはドレッシングのからみがよく腹持ちもいいので、アメリカのポットラックパーティーの

    定番メニューでした。

    白身魚(タラ)のムニエル・トマトソース

    身崩れしやすいタラは小麦粉をまぶして焦げ目がつくくらい焼きます。

    生のトマトをたっぷり使ったソースはレストランに負けない美味しさです(*^^)v

     


  • チーズの栄養学

    チーズ講座入門科第3回のテーマは 「チーズの栄養学」

    チーズは太る! 塩分やコレステロールは大丈夫? あのカビは食べてもいいの?などなど

    チーズにまつわる誤解や疑問は広く世間に浸透しています(-.-)

    チーズ講師としては これらの誤解に立ち向かい真実を知らせるべく気合を入れた回でした(笑)

    IMG_20170509_124645.jpg

    チーズは乳を10分の1に凝縮したもの

    コップ1杯(200cc)のミルクから20gのチーズが出来ます。

    チーズの主要な栄養成分は タンパク質、脂肪、カルシウムなどのミネラル、ビタミン類

    必須アミノ酸をすべて含む良質のたんぱく質、脂肪分は分解されて脂肪酸となりすぐに代謝されて

    コレステロールを上昇させることなく消化吸収されます。

    カルシウムは日本人が未だ必要量を摂取できていない栄養素ですが、

    チーズ100g食べると1日に必要な量600mgを満たすことができます。

    チーズにはビタミンCがほとんど含まれないのですが、ビタミンAは豚肉の実に60倍!

    エネルギー代謝に必要なビタミンB2も豊富で、肝臓の働きを活発にしてアルコール分解を促進します。

    チーズはしょっぱいというイメージが定着していますが、

    最も塩分の高いブルーチーズや超硬質チーズで3%内外、それ以外は約1%に過ぎません。

    味噌汁1杯で2.6g、ラーメン1杯6gに対してプロセスチーズ3切れでたった0.5gの塩分です。

    如何ですか、少し誤解が解けましたか。

    春はシェーブルの旬!

    シェーブル3種(ローヴデガリッグ、フーシュトラドシェーブル、ブルードシェーブル)

    羊乳1種(ユーフォリアシープミルクゴーダ)、牛乳2種(マンステール、エメンタール)のラインアップです♪

    シェーブルが苦手なOさん大絶賛のローヴデガリッグは 爽やかな酸味とハーブの香りが春を表現しています。

    ヒューゲル アルザス・リースリング2015

    マンステールとの相性はもちろん、どのチーズともよく合っていました。

     

    チーズに足りない栄養素は 炭水化物とビタミンC

     宗像堂の素晴らしいパンの数々

    天然酵母で作られたこれらのパンの香が幸せな気分にしてくれます💛

    菜の花とエンドウ豆のサラダ・ヨーグルトドレッシング

    苦味のある菜の花は春を演出してくれます。

    たっぷりのサラダと美味しいパンでバランスのよい食生活を心がけましょう。